新着情報

NEWS & BLOG
新着情報
2020.08.28

パイナップルのクラウン挿しにチャレンジしませんか? まるごと1本が超お得! 食べて、育てて、2度楽しめます♪

パイナップルをまるごと1本購入すると、果実の上部に葉っぱがついていますよね。
普通は食べるときに 一番にカットして捨ててしまうあの部分 です。

クラウンと言うのですが、本来捨ててしまう部分を利用してパイナップルの栽培ができることをご存じでしょうか?

どうせ捨ててしまうのならば、
そのまえに チョット お試しでパイナップル栽培を楽しんでみませんか?

お子様の自由研究の素材としてもバッチリ使えます。
それに加えて、これからも続きそうなおうち時間を有効に、長く楽しむことができます。

ちょうど今、5~9月の植え付けがオススメです。

 

パイナップルは乾燥に耐え、高温多湿を好みつつも、3度近くまでの寒さにも耐える生命力の強い植物です。
ユッカに似た立派な観葉植物になり、上手に育てたら2~3年後にはパイナップルが収穫できるかもしれません。

日本は温帯ですが、地球温暖化で亜熱帯といってもいいくらいの気候になってしまっています💦
冬越しさえ上手に乗り切れば果実の収穫も夢ではありません!

ぜひチャレンジしてみてください!!!

 

●クラウン挿し用のパイナップルの選び方

育てていくことを考えて、葉がなるべく綺麗で活気があり、よく熟した果実を選んでください。
(熟している方がクラウンを抜き取りやすいです。)

●クラウンの挿し根作り

1) まずはパイナップルの表面のトゲや鋭いクラウンで怪我をしないよう、作業前に厚手の手袋をはめましょう。

2) 片手で果実、もう片方の手でクラウン部分を持ち、捻るように回転させて(雑巾搾りをするようなイメージです)、クラウンを抜き取ります。
硬くて取り外せない場合は果実が未熟です。もう少し待ちましょう。

 

3) クラウンの底の部分の葉を一周分、約10枚ほど剥がし取ります。

(☝☝☝底の部分の葉を剥がすと、すでに根っこが出ていました!)

 

4) 挿し根が完成したら、日陰の風通しの良い場所に3日間置いて底の部分を乾燥させます。

(☝☝☝乾燥させたら底の部分の葉っぱが枯れたので、更に数枚剥ぎ取りました。)

 

●クラウンの植え付け

1)原産国では地植え栽培が主ですが、日本では(沖縄を除く)越冬のため室内で管理できる植木鉢での栽培が確実です。
4~5号の植木鉢を用意します。

(👆👆👆ちょっと大きめの植木鉢に植えました💦)

 

2)パイナップルは水はけのよい酸性の土を好みます。
赤玉土か鹿沼土、腐葉土を用意して配合します。
【鹿沼土(または赤玉土)7:腐葉土3の割合の配合】

鹿沼土は粒状で酸性を好む植物の栽培に最適で、通気性・保水性を高めます。
赤玉土は団粒構造で通気性・保水性に優れ、土壌の改良などにも使えます。

(👆👆👆左から、赤玉土:3.5/鹿沼土:3.5/観葉植物用の培養土:3の配合です。
ほんとうは 観葉植物用の培養土ではなく腐葉土のほうが良いのですが手元になかったので代用しました💦
赤玉土と鹿沼土の両方を入れてブレンドしています)

 

3)鉢の中に鉢底石を敷き、用土を入れて、挿し穴をつくります。

 

4)クラウンの底の部分が軽く埋まるくらいまで挿し込みます。

※ もしクラウンがグラグラと揺れてしまうようでしたら、支柱や麻紐などを使って固定してください。

 

5)たっぷりと水をやって、根付くまでの約10日~2週間くらいは日陰で様子をみます。
その間は、培養土が乾燥しないように水やりをしてください。

 

 

●パイナップルの育て方

☆屋外の風当たりが強くない場所を選び(寒い時期を除く)充分に日光にあてましょう。
冬の寒い時期屋内の日当たりの良い場所で管理します。
葉先が尖っていますので屋内で管理する際などは先端をカットしておくと怪我を防げます。

☆育成していると、植え付け時にクラウンの下の方に生えていた葉が枯れてきますので細目に取り除いてください。
そのままにしておくと株の周りが蒸れ、病害虫が発生する原因となります。

☆基本的に乾燥気味に育てるのがよいです。
水をやりすぎると根腐れを起こすので、土の表面が乾いたのを確認してから水やりをします。

※注意が必要になるのが花と果実の時期です。
その時期は水の吸収が早くなります。
乾燥させすぎないように気をつけてください。
乾燥が酷いときは株全体に水をふりかけましょう。
葉の付け根からも水を吸収できます

☆4月~10月の成長期に窒素とカリを肥料として与えます。
充分に肥料を与えることで結実期に大きな果実が実ります。
パイナップルの肥料は一般的な配合ではないので、窒素・カリウム・リン酸が
同量ずつ配合されている化学肥料も使えます。

☆株が成育し、鉢が窮屈になってきます。
3月~5月頃に、ひと回り大きめの植木鉢に植え替えをしてあげてください。

☆花芽が出るところまで育つと地上部分の背が高くなりますが、地下の根が短くバランスが悪くなります。
結実した場合には強い風を避け、果実の重みで花茎が曲がらないように支柱を立てましょう。

☆果実そのものは強い直射日光が苦手です。
果実ができる7月~8月は遮光ネットを被せるか、直射日光が長時間あたる場所を避けて育てましょう。

 

●パイナップルの病害虫について

☆パイナップルは丈夫な植物なので比較的病気に強いのですが、風通しが悪いと まれにカイガラムシ、乾燥が進むとハダニが発生します。
ハダニは、定期的に霧吹きなどで葉に水をスプレーすることで予防できます。
★カイガラムシは見つけたら早急にはがして駆除しましょう。
専用の薬剤を散布するのも効果的です。
(カイガラムシは室内でも乾燥が原因で発生することがあります。)

 

 

●パイナップルのひとくちメモ

パイナップルの名前の由来は、外見が松ぼっくり(pine)に似ていて、
味がりんご(apple)に似ているところからです。

タンパク質分解酵素を含み、肉類を柔らかくするほか、夏バテや老化防止、
疲労回復などの効果が期待できます。

 

パイナップル栽培に成功し、花が咲き、果実が収穫できたら、自慢できますね~ ( ´艸`)
こちらは、2年経過したパイナップルです!

まだ花は咲いていませんが、立派な株に育っているので、
来年こそは結実させようと💪頑張っているところです

 

「パイナップルのクラウン挿しにチャレンジしませんか?」の記事をPDFにまとめました。印刷にも利用できますよ。こちらをクリックしてください!

 

 

2020.06.12

風味豊かな味わいの白瓜の奈良漬をつくりませんか? 酒粕が出回る梅雨の前後の時期がオススメの作り時です!

新型コロナウィルスの緊急事態宣言が解除されましたが、まだまだ安心して出歩ける状況ではありません。
おうち時間が余りすぎて、何をして過ごそうか. . .?とお悩みの方もいらっしゃるようです💦

そこで、師岡青果からのご提案です!
普段は忙しくて漬物を作る暇なんて!と思われているかもしれませんが、いまは例外。
こんな時だからこそ時間をかけて、じっくりと白瓜の奈良漬をつくってみませんか?

ちょっとハードルが高いと思われる方は、筑前もろおかの天然っ娘シリーズの奈良漬を使って、工程④の本漬けでお好みの味に変えてみるところだけやるのもいいかも?

べっこう色のカリッコリの奈良漬、オススメです!

 

(長文になります。ページの最後に、この記事を印刷用にまとめたものがございます。ご利用ください。)

 

◎材料
(工程別に記載しています。全部で4つの工程がありますが工程④は省略できます)

工程①塩漬け
白瓜・・・・・・5㎏
天然塩・・・・・1㎏(瓜の20%)
漬物樽
落とし蓋
重石(瓜と同じ重さ)・・・・・2個

工程②陰干し
乾いた布など
ザルやホシカゴなど

工程③下漬け
酒粕・・・・・・5㎏(瓜と同量)
ザラメ糖・・・・2㎏(瓜の40%)
漬物樽
漬物用のポリエチレン袋
輪ゴム
新聞紙

工程④本漬け(漬け替え)⇐ ⇐ ⇐ ⇐ ⇐ やらなくてもOKです
  工程③の下漬けでは、あっさりした味わいで少しだけ塩辛いかもしれません。
アルコール濃度が濃くて、べっこう色の風味豊かな味わいに仕上げるには漬物に適した柔らかい酒粕が出回る4月以降に工程④の本漬け(漬け替え)をおこなってください。
酒粕・・・・・・5㎏(瓜と同量)
ザラメ糖・・・・800g~1㎏
(☝ 下漬けの加減をみて増減してください。まったく糖分を入れないと酒粕に味を持って行かれます)
漬物樽
漬物用のポリエチレン袋
輪ゴム
新聞紙

 

◎白瓜の選び方
瓜は夏が旬です。10月くらいまでの暑い時期にたくさん出回ります。
できるだけ鮮度の良いものを選んでください。
♦ 表面の皮が滑らかでキズやシワがないもの
♦ みずみずしく、ハリツヤがあるもの
♦ 見た感じよりもズッシリと重いもの
♦ 太さが均一でまっすぐなもの

 

◎工程① 塩漬け

1.水洗いした瓜の両端のヘタを切り落とし縦二つ割りにします。

2.種とわたをスプーンなどでくり抜きます。

3.くぼみに塩をいっぱいに詰め込み、少しだけ こそぎ取ります。

※塩の量が少ないと水分が抜けきれず、カリカリの仕上がりになりません。
瓜の重量の20%の塩を使ってください。
カリッコリの歯ごたえは塩漬けの塩加減です。

4.漬物樽に瓜の切り口を上にして並べます。

5.落とし蓋をして、瓜の重量の2倍くらいの重石をのせます。

6.充分に水があがってきたら、重石の半分を取り除きます。

1週間ほど漬け込みます。

 

 

◎工程② 陰干し

1.重石を取り除き、漬かっていた樽の中の塩水で瓜を軽く振り洗いして、引き上げます。
※水で洗わない


瓜がペチャンコで薄っぺらシワシワになっていてOKです!

2.乾いた布などでふき、水気をしっかり切ります。

3.ザルなどに並べて風通しのよいところで半日 陰干しします。

 

 

◎工程③ 下漬け(あっさりした味わいの仕上がり)

1.瓜と同じ重量の酒粕に瓜の40%のザラメをいれて混ぜます。

2.漬物樽に漬物用のポリエチレン袋を敷きます。

3.漬物樽の底に2cmくらいの厚みでザラメを混ぜた酒粕を入れて、たいらに広げます。

4.瓜同士が触れ合わないように切り口を下に向けて並べます。
※塩漬けした時とは逆向きです!塩分が抜けてお酒と糖分に入れかわります。

5.瓜の上に酒粕を敷きます。

6.4と5を繰り返し、最後に一番上を酒粕できっちりと蓋をするようにして漬け込みます。

7.袋の中の空気を抜きながら、酒粕と密着させるように袋の口を絞り、輪ゴムで閉じます。

8.漬物樽の上に新聞紙をかけて冷暗所で保管します。

発酵がすすんでいくと、だんだん塩気が抜けていきます。
半年を過ぎたころから食べることができます。

 

 

◎工程④ 本漬け(漬け替え) ⇐ やらなくてもOKです
 工程③の下漬けでは、あっさりした味わいで少しだけ塩辛いかもしれません。
アルコール濃度が濃くて、べっこう色の風味豊かな味わいに仕上げるには漬物に適した柔らかい酒粕が出回る4月以降に漬け直しをおこなってください。
※ちょっと邪道ですが、筑前もろおか天然っ娘シリーズの瓜粕漬けを使うと工程①~③を省略できます

1.瓜についた古い酒粕を手でぬぐって取り除きます。※水で洗わない

2.瓜と同じ重量の酒粕に瓜の20%のザラメをいれて混ぜます。

3.漬物樽に漬物用の新しいポリエチレン袋を敷きます。

4.下漬けの 3~8と同じ内容をやります。

漬けなおして約2カ月後には格別の味わいの風味豊かなべっこう色の奈良漬けが出来上がります。

 

 

漬け終わった酒粕は、胡瓜や人参・お肉や魚貝の粕漬け、来年の瓜の奈良漬の塩抜き下漬け用として再利用できます。
また、お味噌汁に少量を溶くのもオススメです。

 

奈良漬って、こんなに手間暇かけて作るんです!
どおりで美味しいわけですね。
おうち時間を上手に活用して、是非この機会に格別の味を手に入れてください。

 

◎奈良漬けの食べ方
瓜についた酒粕は水で洗うと風味が損なわれます。
手で粕をぬぐってから5ミリ幅に切りましょう。

 

◎奈良漬けのアルコールについて
奈良漬を多量に食べた後に自動車などを運転すると、酒気帯び運転になる場合があります。

 

筑前もろおかの天然っ娘シリーズの
「瓜粕漬け、そのほかの漬物」もよろしくお願いいたします!

 

白瓜の奈良漬のレシピを印刷したい場合はコチラをクリックしてください。

長い文章、ここまでお付き合いいただき、ありがとうございました💦

 

 

 

2020.04.28

おうちでカフェ気分♪ 生姜で体を温めよう🍵 冷えは「万病の元☠」です! 生姜シロップ✨、万能調味料✨、肉などの下味に便利な生姜ペースト✨も!

東洋医学で「冷えは万病の元」と言われ、いろんな病気の元となります。
生姜には、体を温める「ジンゲロール」という成分が含まれています。
漢方薬の多くにも生姜が入っており、体を温める健康法などもあります。

そこで、おうち時間を利用して、健康に良い生姜のエキスを抽出したシロップをつくって、いろいろなアレンジでおうちカフェを楽しみましょう。

水やお湯割りのほかにも、炭酸水で割ったジンジャーエール、ミルクティーで割ったチャイやスムージー、シロップ作りで残った生姜も利用して冷蔵庫に常備しておける万能調味料や肉など下味に便利なペーストもできますよ。

 

◎生姜シロップの材料と作り方

生姜・・・・300g(新生姜でも代用できます。辛味がマイルドに)
きび砂糖・・・300g(白砂糖でも代用できます)
水・・・・・・480㎖
●ローリエ・・・2枚
●鷹の爪・・・・1本(種ぬき)
●粒こしょう・・5粒
レモン・・・・・1/4個

1 生姜はスプーンで薄く皮をむき、繊維に沿って2ミリの厚さに切ります。
※生姜は皮と実の間に多くの栄養が含まれています。
できるだけ薄くむいてください。

 

 

2 生姜の1枚1枚をコーティングするように砂糖をまぶし、鍋に入れ、約2時間おきます。

生姜からエキスが浸み出してきます。
もろおか青果のwebをご覧になられている常連さんはすでにご存じの「砂糖の浸透圧」を利用した方法です!

3 水と●の材料を加えて、火にかけます。
※●の材料はお茶パックなどに入れておくと、後で取り出すときに簡単です。

4 沸騰したらアクを取り、中火で30分煮込みます。

5 火をとめてレモン汁を絞り入れ、そのまま冷まします。

6 ザルなどで濾して出来上がりです。
消毒した瓶などに入れて、冷蔵庫で約2週間保存できます。

残った生姜は利用できます。捨てずに活用してください!
そのままでも食べられますよ!

 

◎ジンジャーエール

生姜シロップに炭酸水を1:2の割合で加え、レモン汁を絞り、スライスレモンとミントの葉で飾ります。
深いコクと生姜の辛味が刺激的で、市販のジンジャーエールとは味わいが違います!

◎チャイ

生姜シロップにミルクティーを1:4の割合で。
生姜シロップを作ったときに残った生姜を少し刻み入れるとアクセントに。
アイスミルクティーで割れば、暑い季節にもオススメです。

◎スムージー

生姜シロップを作ったときに残った生姜を上記のチャイに入れて、ミキサーで撹拌するだけです。
氷も一緒にミキサーに投入するとシャーベット状に。

 

◎万能調味料の材料と作り方

トマト・・・1個
梅干し・・・1個(種ぬき)
オリーブオイル・・・大さじ1杯(15ml)
麺つゆ・・・75ml
生姜シロップ・・・50㎖
生姜シロップを作ったときに残った生姜・・・5~6枚

1 トマトを一口大に切ります。
2 その他材料も一緒にフードプロセッサーへ。
撹拌して出来上がりです。

そうめん・うどんなどの麺類、サラダ・豚しゃぶにかけて!

◎生姜ペーストの材料と作り方

鶏肉・豚肉などの下味をつけるのに便利!

味噌・・・20g
塩・・・少々
醤油・・・大さじ1杯
料理酒・・・大さじ1杯
生姜シロップ・・・大さじ1と1/2杯
生姜シロップを作ったときに残った生姜・・・50g

1 材料すべてをフードプロセッサーへ。ペースト状にします。
2 鍋に移して加熱、焦がさないように軽く水分をとばし、冷まして出来上がりです。
保存容器などに入れて、冷蔵庫で約2週間保存できます。

鶏肉・豚肉などをこのペーストに2時間くらい漬け込み、フライパンに油をひいてこんがり焼いたら美味しい一品が!

 

「おうちでカフェ気分!万能!生姜シロップ」の記事を印刷したい場合はコチラをクリックしてください!

 

生姜シロップをつくっておけば、いろんなものに利用できます。

ちょっと時間がかかりますが、おうち時間を活用してみてはいかがでしょうか?