福岡県筑前町のもろおか市場は、まちの駅の青果市場として皆様に安心と安全・健康をお届けします。

ご案内図

地図

甘木公園のご紹介 秋月のご紹介 キリン花園のご紹介 朝倉三連水車のご紹介 原鶴温泉のご紹介

近隣名所のご紹介

①甘木公園

大正4年、御大典記念(大正天皇即位の大礼)として桜の植樹が行われ4000本の桜の木は県内屈指の花の名所として知られています。ほかにも5000株のツツジ、藤、紅葉など、四季をとおして花見が楽しめます。
野外ステージやアスレチック、展望台、バーベキュー広場、テニスコート、グラウンドなどの施設も整っています。

②秋月

筑前の小京秋月は、鎌倉時代のはじめ(1203年)に原田(秋月)種雄がこの地に配されてから、戦国末に秋月種実・種長父子が秀吉によって日向高鍋に移されるまで、16代約400年間この地は秋月氏の本拠地でした。
その後、寛永元年(1624年)黒田長政の三男長興が秋月藩5万石を分知されて、現在の秋月の町割りが行われ、明治まで城下町として栄えました。今日でも城下町の街並みと自然景観が見られます。

③キリンの花園

約7haの敷地に空きにはコスモス約1000万本、春にはポピー1000万本が咲き乱れます。手入れの行き届いた花園は、リピーターが多く、キリンビール福岡工場見学と併せ多くの見学者で賑わいます。

④三連水車

筑後川の流れを受ける堀川にかかる朝倉の水車群には、菱野の三連水車をはじめ、三島・久重の二連水車2基があります。いずれも実働する水車としては朝倉市だけで35haの農地をうるおしています。
また、当時の高度な農地灌漑の粋と多大な労力を費やした貴重な文化財であることから「堀川用水及び朝倉の揚水車」として国指定歴史跡に指定されています。

⑤原鶴温泉

筑後川の川原で鶴が湯あみしているのを見て発見されたことからその名がついた「原鶴温泉」県下随一の湧出量を誇ります。
泉質は単純泉、リウマチや神経痛などに効果があります。この温泉の特徴が夏の風物詩として有名な「鵜飼い」筑後川の鮎漁解禁に伴い、5月20日から10月中旬まで鵜飼いを楽しむことができます。

※「あまぎあさくら情報ACCESS MAP」参考 甘木・朝倉の観光マップを店内レジに置いていますので、お気軽にお持ち帰り下さい。

Google Map

もろおか市場の交通アクセス

福岡方面から (国道386号線を日田方面へ)

福岡市→国道200号線との交差点(右は鳥栖方面、左は飯塚方面)から約300m

飯塚方面から (国道200号線 冷水バイパスを降りて約5分)

飯塚→冷水バイパスを降り、「山家道」交差点を日田方面へ向かって約300m

I.Cから

○大分自動車道筑後小郡インターを降りて約10分 (道順:筑後小郡ICから)

○大分自動車道甘木インターを降りて約15分 (道順:甘木ICから)

○九州自動車道筑紫野インターを降りて約20分 (道順:筑紫野ICから)

«前のページに戻る